コンピュータサービス技能評価試験

コンピュータサービス技能評価試験とは

教育訓練施設、事業所等において、コンピュータを活用した各種のサービスを行う人々の能力を評価し、技能習得意欲を増進させるとともに、社会一般の評価を高め、これらに従事する人々の社会的、経済的地位の向上を図ることを目的として実施されている試験です。

受験資格

受験資格に制限はありませんので、どなたでも受験することができますが、原則、学校や教育機関を認定施設として、その施設の生徒等を対象としています。

試験部門・受験手数料

部門 等級 価格
ワープロ部門
表計算部門
1級 7,820円
2級 6,580円
3級 5,250円
情報セキュリティ部門 単一等級 5,250円

試験問題概要と練習問題

各部門の試験問題概要及び出題範囲はホームページで公開しております。

試験問題概要と練習問題(中央職業能力開発協会HP)

試験の特徴

  • 実務的な試験内容
  • リーズナブルな受験手数料
  • 社会で戦力となる部門設定
  • 合格者には「技士」の称号

CS試験の良いポイント(中央職業能力開発協会HP)活用事例(中央職業能力開発協会HP)

合格発表

受験された方には、試験実施後、約1ヶ月後に合否の通知と、合格された方には合格証書が交付されます。 合格された方にはそれぞれ「技士」の称号が付与されます。

部門 等級
ワープロ部門
表計算部門
1級
2級
3級
情報セキュリティ部門 単一級

その他

受験申請方法を含むその他詳細については中央職業能力開発協会HPまたはパンフレットを御確認ください。

コンピュータサービス技能評価試験(中央職業能力開発協会HP)パンフレット

お問合せ先

  • 総務企画課
  • 043-296-1150

千葉県職業能力開発協会